ダート競馬

ダートレースに特化した競馬情報サイト

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ
*

函館競馬場

 夏の北海道開催のオープニングを受け持つ函館競馬場は、JRA全10場のなかでもっとも「直線の長さが短い競馬場」として知られており、ダートコースの4コーナーからゴールラインまでの距離は260mとなっている。これは、ゴール板から1コーナーまでの距離がゆったり採られているレイアウトのために、函館競馬場の直線は短くなっているためである。

もうひとつの特徴として『高低差がかなりある』ことだ。3~4コーナー付近の最高地点と、2コーナー付近の最低地点を比較した高低差は、芝、ダートともに3.4m。ゴール板から2コーナーにかけてはなだらかな下り勾配、その後は3~4コーナーまでだらだらとした上り勾配が続き、最後は直線に向けてなだらかに下るレイアウトになっている。従って、向正面奥からスタートをダート1000mの序盤の先行争いはほぼ丸々、上り勾配で繰り広げられる。

コース立体図(右回り)
函館競馬場 コース立体図(右回り)

コース平面図(右回り)
函館競馬場 コース平面図(右回り)

ダートコース高低断面図(右回り)
函館競馬場 ダートコース高低断面図(右回り)

ダート1000m(右回り)

函館競馬場ダート1000mスタート直後の向正面の直線を目一杯使って激しい先行争いになるのは必至。3コーナーは上りだが、上ってしまえばあとは下り坂の惰性で押し切ってしまえるので、スタートダッシュを利かせて前に行けなければ勝負にならない。したがって、逃げ・先行が絶対有利。枠順では6枠、8枠の成績が良い傾向。内枠で出脚が悪いと被される危険があるが、最初のコーナーまで十分距離があるので、ダッシュ力がある馬ならば枠はあまり気にしなくていい。

  • 有利な枠順:6枠、8枠
  • 有利な脚質:逃げ~先行
  • 上位種牡馬:フォーティナイナー、アフリート、エンドスウィープ、フジキセキ、バブルガムフェロー、ウォーニング
  • フルゲート:12頭

ダート1700m(右回り)

函館競馬場ダート1700mスタート直後からどうしてもペースが速くなりやすい。それでもダート戦なので各馬ひるまずに前半から行く。1~2コーナーまでになるべく前のいい位置を取る必要があるからだ。逃げより先行の方が若干成績がいいが、逃げ馬の連対率は約33%もある。最後の直線だけの差し・追い込みは厳しく、後ろから行く場合はマクる脚が必要。枠順は3枠、4枠あたりの中枠が有利。極端な1枠、8枠は少し成績が落ちる。

  • 有利な枠順:3枠、4枠
  • 有利な脚質:逃げ~先行
  • 上位種牡馬:ブライアンズタイム、ジェイドロバリー、アフリート、ラムタラ
  • フルゲート:13頭

ダート2400m(右回り)

函館競馬場ダート2400m古馬の500クラスの平場戦のみで行われるマイナーな条件に加え、鞍数も年間で一つしかない。高低差があって、砂厚(8.5cm)も厚いダートコースでの長距離戦ということで十分なスタミナが必要となる。ダラッと逃げ、先行した馬がそのまま前で凌ぎ合う競馬になり、差し・追い込みはほとんど利かない。1700mで先行できずに負けていた馬の巻き返しが盲点になりやすく、芝からの転戦馬にも注意が必要。また、平場戦なので減量騎手の効果は大きい。枠順はあまり関係がない。

  • 有利な枠順:フラット
  • 有利な脚質:逃げ、先行
  • 上位種牡馬:ブライアンズタイム、サクラローレル、ライブリーワン
  • フルゲート:12頭

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: