ダート競馬

ダートレースに特化した競馬情報サイト

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ
*

中京競馬場

 2010年4月~2012年1月にスタンド改築工事および馬場改修工事を行っており、2012年3月にグランドオープンの予定。ダートコースも直線の長さが西日本最長(現在の西日本最長は阪神の352.5m)に生まれ変わり、新たに1200m・1400m・1800mの設定も可能になる。

コース立体図(左回り)
中京競馬場 コース立体図(左回り)

コース平面図(左回り)
中京競馬場 コース平面図(左回り)

ダートコース高低断面図(左回り)
中京競馬場 ダートコース高低断面図(左回り)

ダート1000m(左回り)

中京競馬場ダート1000m3コーナーまで380mと、十分に距離はあるがここでの攻防がほぼ勝敗を決する。とにかく速いスタートダッシュを決めて先手を奪う必要がある。3~4コーナーでスムーズにコーナーリングをするためにはラチ沿いを取るのがベスト。芝コースよりもコーナーリングの角度が厳しいため、馬群の外をマクろうとするとコーナーで振られる。ローカルのダートの1000mの中では、やや差しも決まりやすいコースではあるが、やはり前で競馬ができないと厳しい。逃げ馬の連対率は50%を超える。しかし実際にレースが始まってみないとどの馬が逃げれるかわからないため、予想が難しいところ。枠順の有利・不利は、ほとんどない。

  • フルゲート:16頭
  • 有利な枠順:フラット
  • 有利な脚質:逃げ・先行

ダート1700m(左回り)

中京競馬場ダート1700m最初の1コーナーまでは、ある程度距離があるので枠順の有利・不利はあまりない。しかし、最初のコーナーまでの各馬の出方はレースの流れを大きく左右する。他場のダート1700mに比べて逃げ切るのが難しいので、テンからガツガツ行くと最後の直線で脚があがる。しかし小回りコースなので基本的には先行力は必要。好位から抜け出すのがベストだ。後方一気は難しいが、展開次第ではマクリ差しは決まりやすい。

  • フルゲート:16頭
  • 有利な枠順:フラット
  • 有利な脚質:逃げ、マクリ

ダート2300m(左回り)

中京競馬場ダート2300m長丁場のレースだが、ダート戦なのでスローペースの瞬発力勝負にはなりにくい。終始平均ペースで流れ、スタミナと同時にスピードの持続力が問われる。したがってスタート直後の先手争いはやや激しくなる。最初の3~4コーナーでいい位置を取れないと厳しくなる。6回コーナーを回るので馬群が縦長になりやすく、道中終盤での挽回は利きにくい。特にOPクラスのレースになると前に行っている馬がなかなかバテない。先行力が必須で、後方からの追い込みは決まりにくい。

  • フルゲート:16頭
  • 有利な枠順:
  • 有利な脚質:逃げ~先行

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: